ハローグッバイ

好きなものを好きなように好きなだけ

西加奈子『白いしるし』

 

表紙が可愛いんですよね。猫の背中に、縁取りされたタイトル。

www.amazon.co.jp

 

高校1年のとき、学校の図書室に通っては気になる小説を手あたり次第読んでたのが凄く懐かしい。わたしの通っていた学校は図書館にすごく力を入れていて物凄くありがたいなあと思い返したりします。

 

大学生になってからは図書館で借りるのはもっぱら授業に必要な文献ばかりで、小説の類は自分のお金で買って手に入れています。自分のお金で、ってことと本屋をぐるぐる回り何度も吟味して買う小説はやっぱり愛おしく感じます。本屋の帰り道はついつい顔が綻んでうきうきする。へっへーん、買っちゃったぞ!って感じ...やばい人間みたいで不安になってくる。

 

 

わたしが今回、この本を選んだ理由は間違いなく裏表紙のあらすじ。

女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった――。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか? ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。

 

ひりひりするくらい突き刺さりました。あーこれは気になる、読まなくちゃって気になっちゃうよね、さすがに。西加奈子さんの小説も元々気になっていたっていうことも後押ししてくれた気がします。

 

 

 

読後の感想としては、まず濃いなってこと。

何がって全部。夏目ちゃんも間島も、瀬田も。塚本も。その熱量も、行動も。活字からそれぞれの、抱えきれないような葛藤と欲望の渦巻きが読み取れるような気がする。間島の告白から終盤までは圧倒されっぱなしでした。こわい、わたしとは世界が違う、とも思ったけど唯一分かるかもって思ったのは塚本。「彼の感情の琴線に触れたかった」という彼女の孤独、切なさ、慕情。

わたしも、何かどこかに残るような人間であればいいと思う。だからわたしは自分の趣味は色々持っていたいなあと思うし、わたしらしさを漠然でもいいから他人に感じてほしいと思う。わたしがいないときでも、わたしの存在があればいいなと思うから。こういうとこ、少し塚本に似てるかな。

 

あとは、白色を発光と書いているところがすごく好きです。黒、白が多く描かれていたけど西さんの色彩感覚はすごく共感できるし、好きな表現。

「塚本さんは今、瀬田のことがあるから、女の子の作品を、私の作品を、素直に見れない、と言ったけど、私の作品も、女の子の作品も、変わらんのんです。完成した時点から、それはずっと、変わらん。赤が嫌いなときに見る赤と、赤が大好きなときに見る赤は、全然違って見えるけど、赤そのものは、ずっと赤なんです。赤であり続けるだけ。見る人によって、それがまったく違う赤になるというだけで。」*1

 

 

あらすじにあった、「恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか?」ってフレーズ。そんなの分かんないよ!に尽きる。恋の終わりを知ることは苦しい。楽しく明るいものじゃない。苦しくて辛くて、どうしようもない。このことが強くしてくれるかなんて結果論にすぎないじゃないかって思ってしまう。わたしは強くなりたい、です。だから苦しみまくるぞ。

 

 

*1:p160 夏目の台詞から

ルミネtheよしもと 夏休み大ネタ祭

 

行ってきました

ルミネtheよしもと 夏休み大ネタ祭 14時の回」!

お笑い好きとか特定の芸人さんが好きって訳じゃないんですけど、1回くらい生のお笑いライブを見に行きたくて友人頼んだら連れてってくれました。大感謝。ちなみに友達(3人)の推しは、それぞれ千鳥、バナナマン、和牛のラインナップらしい。出演者は以下の通り。f:id:nemuinoda:20170729100853j:image

 

ルミネtheよしもとって、こんなに有名な芸人さんもネタやってくれるんですね…結構驚いた。友人は出演者みんな知ってたけど、わたしは天竺鼠カナリアの2組が初耳。っていうか、こういう公演って売れる前の芸人さんばかり出演するものだと思ってた。

 

あと驚いたのが安くないですか!!?チケット!!!友人たちに話したらそうでもなさそうなこと言ってたし、高校の友人(お笑い好き)にも話したら、「お笑いで3000円はそこそこするやつじゃん」って言われたけど、安くないですか!!?(2回目) 目の前で、生で見れるものなのにこんなに安くていいのかな...って戸惑いもあったけど、その分きっと初めてでものめり込みやすそうだなって感じました。

 

 

 

前説は、ブルーレディというコンビ。

ボケの方が「僕藤ヶ谷くんに似てるって言われるんですよ〜」って言ってたけど、多分本当に似てる。遠目からだったけど似てた。髪型とか目とか。あとその人のイケメンアピールもあってか、公演中は「えっ、芸人さん普通にかっこいいじゃん、、」っていうおたく脳に変わってしまった。多分この前説のせいだ。ありがとう。

 

 

わたしが個人的に好きだったのは、

でした。多分テンポよくとんとん進むのが好きなんだろうなあ、という発見。ちょっと間があったり、シュールなネタよりも積み重ねるようにボケとツッコミが止まらない!とかの方が好きでした。カナリアの安達さん、めちゃくちゃかっこよかった…声がとっても良い。推したい。

 

あと個人的にあー!ってなるポイントが、ネタ終わりにハケる時の表情が見れたことです…(細かい)

下手側の座席だったのでよーく見えるんですよ。あのですね、

中々堪らないですよ。

初めて太字にして文字の大きさ変えたわ。それくらい堪らなかった...。

あんなにネタ中楽しそうに生き生きとお話されてたのに、ハケる時めっちゃくちゃ表情が無!!!!結構このタイプの芸人さん多めでした。オンオフ切り替えてるんだ、ってキュンとしてしまった。こういうところ、おたくだなあとひしひし感じます。

パンクブーブーさんは帰るときちょっとニコニコしてた。え、可愛い。どうしたの。

中川家さんはトリということもあってか、客席に手振ってくれたり。三者三様ですね、そういうちょっとしたところに目を向けられるのも生で見る醍醐味で楽しかったです!

 

 

やっぱりどこも行ってみるものだなあ、と思いますね。すごく楽しかった!

演者と観客で作り上げる、っていうのが好きなのかもしれないなー、みんなで大きな声で笑えるあの空間にまた行きたいと思います。

 

その前に、友達からオススメされたコント映像を見漁ろうかな。新しい発見ばかりで楽しかったです!おしまい!

 

僕らは悩んでないのに朝が来て

 

こんばんは。

 

試験が終わって、夏休みに入ったもののシフトのために大学に行ってるわたしです。

今は大学の中で、学生スタッフみたいなアルバイトやってるんですけど、これはまた追々。学内に知り合いが増えると楽しいね!!

 

 

今学期最後のシフトで、そのままご飯行って帰ってきて、明日も出かける予定があって、そういえば昨日も色んなことあったなあ、、

 

毎日が流れるように過ぎ去ってしまっていて怖いなあ、と最近思うんです。

 

このまま流れるように時が経って、楽しいこと嫌だったこと、色々自分の中で感じたはずなのにそれさえも流れるように忘れてしまうような気がして。

 

 

常に、ほんの少しのスペースだけ余裕を持っていたい。

手帳のデイリーページに、振り返りを書ける時間、持ち歩いている文庫本を読める気持ちの余裕、流れてくる音楽の歌詞に耳を傾けられることとか。

小さなことでも、何でもいいから。

 

 

忙しさに殺されないように、丁寧に生きる人間になりたいと思う。

忙しさは悪ではないんだから、楽しんで過ごしていきたい。 我ながらポジ思考。

 

 

タイトルは、UNISON SQUARE GARDENの「MR.アンディ」です。

 

「僕は悩んでないのに朝が来て、悩んでないのに夜が来てしまう」

 

 

 

シャワー浴びて、化粧落として髪をつるつるにして、明日も楽しめますように。おしまい。

 

 

私は私とはぐれる訳にはいかないから

 

 

言わずもがな、タイトルはポルノグラフィティの「サウダージ」です。

CDを借りたことはないけど、よくyoutubeで聞いてる曲。他にも「アポロ」「アゲハ蝶」「メリッサ」あたりを流し聞き。昭仁さんの歌声と独特の曲調がめちゃくちゃ好き、こういうのってラテン調なんですかね?知識がなさすぎてわからない。

 

www.youtube.com

 

 

なんでこの曲を聞いてるかって、失恋したからです。辛いね。

 

 

先月の最初にぽろっと告白をして、結局だめだったのでその時点で失恋済みではあるんだけど(失恋済みって言い方、なかなか切ない...自分で文章打ってて切なくなるわ)どうやら新しく恋人ができたようです。わたしと仲の良い友達だったよ、普通に辛いね!その友達は私が彼に好意を持っていることも、勿論告白したことすら知らないので何も悪くないのですが。どちらからも報告を受けて、もやもやした1日を送っていました。

  

失恋済みの時点でだいぶショックは受けたものの、モチベーション持ち直してメイクやらダイエットやら励んでたので...また奈落に落とされた感がすごいんですよね、結局モチベーション持ち直して努力したけど最初から選ばれてなかったんじゃん!っていう。あの時にきっと、彼は彼女のことを選んでいたんだなあ。なんだ。じゃあ見返す気満々で奮発したCHANELの口紅も、巷で人気の練り香水も、お姉さんに勧められて買ったSABONのパックも、この夏着る予定の浴衣も何も意味なかったなあ。っていう、切ないループを一晩やってました。テスト勉強するために友達の家に泊まらせてもらってたので、少し発散しながら。それでも無意識のうちにこのループにはまっちゃうんだよなあ。

 

わたしは割と、というかもう完全に恋愛弱者なので分からないんですけど、こういうのってきっとよくあるやつですよね。

彼への好意は今のところ消えていないので、多分これから苦しむことになるだろうし、彼女と私の関係性もどうなるか分からないし(というか私が彼女にどんな感情を持つのか未知数...)、とにかく折角夏休みに突入したにも関わらずお先真っ暗感がすごい。でもまあ、それでも私はきっと好きにやるんだろうなと思います。わたしがしたいように、わたしが信じる良い道に進むんじゃないかなあって。

とにかく、今は笑顔を張り付けてでも頑張るつもりです。決意表明みたい。

 

 

私は私と、はぐれる訳にはいかないから

いつかまた逢いましょう それまでサヨナラ恋心よ

 

 

しばらくサヨナラはできなさそうだけど、今日は昭仁さんの歌声を聞いて一日を閉めようと思います。おしまい。

 

 

 

何回目か分からないけど始めてみた

 

こんにちは、こんばんは。

 

何回目か分からないです、きっと2回目だと思う。

はてなブログ、始めてみることにしました。

彩と申します。

 

以前登録したときは、ブログを書く以前に「全然わからないナニコレ...!!?」状態だったのでそのまま放置だったような。今回は続くといいなあ、と呑気に考えてます。適当。そんなもんです。

 

 

都内の私立大学に通う女子大生です。普通の女子大生。少し身長が低いのがコンプレックスなことくらいで普通です、おそらく。

 

好きなものは音楽と小説。

おそらく好きなアーティストやら曲やら、小説やらの記事を出すことになりそう。好きなアーティストは多いんですが、ざっと

BUMP OF CHICKEN/[Alexandros]/UNISON SQUARE GARDEN/米津玄師/藤原さくら/Indigo la End/Mr.Children/ぼくのりりっくのぼうよみ

って感じで、ジャニーズもがっつり好きです。KAT-TUNを中心に、ちょいちょい楽曲は聞いてます。現場には行かないけどテレビは見るかも。女性アイドルは、ハロプロを少し齧ってます。みんな可愛い。

 

小説好きといってもそこまでの熱量が常にある訳じゃなく、何か没入したいときに読んでます。伊坂幸太郎さん、有川浩さん、辻村深月さんを中心に気になった本を手に取ってます。本屋にずっと居れるタイプです。

 

 

 

最初ってこんな感じでいいのかな。

自己満足で残したいものを残すスタンスでやっていこうと思います。