ハローグッバイ

好きなものを好きなように好きなだけ

西加奈子『白いしるし』

 

表紙が可愛いんですよね。猫の背中に、縁取りされたタイトル。

www.amazon.co.jp

 

高校1年のとき、学校の図書室に通っては気になる小説を手あたり次第読んでたのが凄く懐かしい。わたしの通っていた学校は図書館にすごく力を入れていて物凄くありがたいなあと思い返したりします。

 

大学生になってからは図書館で借りるのはもっぱら授業に必要な文献ばかりで、小説の類は自分のお金で買って手に入れています。自分のお金で、ってことと本屋をぐるぐる回り何度も吟味して買う小説はやっぱり愛おしく感じます。本屋の帰り道はついつい顔が綻んでうきうきする。へっへーん、買っちゃったぞ!って感じ...やばい人間みたいで不安になってくる。

 

 

わたしが今回、この本を選んだ理由は間違いなく裏表紙のあらすじ。

女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった――。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか? ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。

 

ひりひりするくらい突き刺さりました。あーこれは気になる、読まなくちゃって気になっちゃうよね、さすがに。西加奈子さんの小説も元々気になっていたっていうことも後押ししてくれた気がします。

 

 

 

読後の感想としては、まず濃いなってこと。

何がって全部。夏目ちゃんも間島も、瀬田も。塚本も。その熱量も、行動も。活字からそれぞれの、抱えきれないような葛藤と欲望の渦巻きが読み取れるような気がする。間島の告白から終盤までは圧倒されっぱなしでした。こわい、わたしとは世界が違う、とも思ったけど唯一分かるかもって思ったのは塚本。「彼の感情の琴線に触れたかった」という彼女の孤独、切なさ、慕情。

わたしも、何かどこかに残るような人間であればいいと思う。だからわたしは自分の趣味は色々持っていたいなあと思うし、わたしらしさを漠然でもいいから他人に感じてほしいと思う。わたしがいないときでも、わたしの存在があればいいなと思うから。こういうとこ、少し塚本に似てるかな。

 

あとは、白色を発光と書いているところがすごく好きです。黒、白が多く描かれていたけど西さんの色彩感覚はすごく共感できるし、好きな表現。

「塚本さんは今、瀬田のことがあるから、女の子の作品を、私の作品を、素直に見れない、と言ったけど、私の作品も、女の子の作品も、変わらんのんです。完成した時点から、それはずっと、変わらん。赤が嫌いなときに見る赤と、赤が大好きなときに見る赤は、全然違って見えるけど、赤そのものは、ずっと赤なんです。赤であり続けるだけ。見る人によって、それがまったく違う赤になるというだけで。」*1

 

 

あらすじにあった、「恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか?」ってフレーズ。そんなの分かんないよ!に尽きる。恋の終わりを知ることは苦しい。楽しく明るいものじゃない。苦しくて辛くて、どうしようもない。このことが強くしてくれるかなんて結果論にすぎないじゃないかって思ってしまう。わたしは強くなりたい、です。だから苦しみまくるぞ。

 

 

*1:p160 夏目の台詞から